So-net無料ブログ作成

取引〜猫流(にゃんりゅう)恋愛日誌〜 [Book]

(ニッキー)毛に艶がないわ!!

(ニッキー)ちゃんとお手入れしないとだめよ。毛は女の命よ。

(ニッキー)ひょっとして…ポンポンおじさんが?
(るん)きっとポンプキンもして欲しいのよ…

(るん)カリカリ10粒でしてあげたら?
(ニッキー)じゃあ、ママに分け前として4粒ね。

一昨日、主人が本をプレゼントしてくれました。
タイトルは「いけちゃんとぼく」。

いけちゃんとぼく

いけちゃんとぼく

  • 作者: 西原 理恵子
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/09/01
  • メディア: 単行本

私は知らなかったのですが、今話題の本らしい…。
帯には【「ザ・ベストハウス123」
絶対泣ける本best3 第1位!】と
書かれていました。

そんな風に書かれると、
どうしても疑ってしまう私。
半信半疑で読み始めたのですが…
最後は完全にノックアウト!!

目から鼻から…
あらゆるところから
水が溢れでていました。

おかげで枕にしていたクッションが
グショグショ…

この本の作者は西原理恵子さん。
話は…
幼い少年「ぼく」と、
いつも「ぼく」といる
架空(?)の生物「いけちゃん」の
何気ない日々の話。

「いけちゃん」は曲玉のような形をしていて
そして、うれしいと大きくなり
悲しいと小さくなって数が増える。

「いけちゃん」は、いつも少年の傍にいて
話を聞き、支え、諭し、少年のことを
大事に思っている…。

その「いけちゃん」を必要としてる少年も
徐々に大人になっていく…。
と、同時に「いけちゃん」は…。

ここに描かれているのは
誰もが経験したり、感じたことのある出来事で、
つい「あるある!」と頷きながら読んでしまう。

そこにサイバラ流ギャグが混じり、
懐かしさや優しさが描かれています。

いかにも、「泣かせるぜ!!」といった
「お涙頂戴」ではないストーリー。

おしつけがましくなく
さらりと描いているからこそ
最後は泣けてくる…。

みんなの傍に必ずいた…
あるいはいる「いけちゃん」。
読んでいると、つい「いけちゃん」を
誰かに置き換えてしまいます。

この本は、自分の今の生活状況や環境によって
感じ方が違うかもしれません。
それだけに、性別など問わず、
誰しもが何かを感じ、読める作品だと思います。

ちなみに、涙がやっと止まり
気持ちも落ちついた…はずだったのに
本の表紙をみただけで、
また泣けてきたのでした。

ラストを知っていても…
何度読みかえしても…
また違った何かを感じ、
こころがキューと切なくなり
ほっこりする本です。

是非、皆さんも機会があれば
読んでみてください。

☟気に入ったらクリックしてね!!

にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 日記ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

kontenten

泣き虫な私は・・・

泣ける本、泣ける映画は弱いんです(w)
特に、そのせいで映画館には行きません ^^;
いつも、DVDが発売されるのを待って家で泣きます(涙)
ちなみに、本は・・・専らツンドクですが (^^)
by kontenten (2008-01-23 17:58) 

koneco

>kontenten様へ
私の場合、歳とともに
涙もろくなってきました。
この間、立ち読みしていたら
泣けてきて困ってしまって…。
そんな私を見て主人は笑ってました。
by koneco (2008-01-25 11:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。